前へ
次へ

薬代を安くする方法としてのジェネリック薬の選択

風邪を引いたときに風邪薬を飲むかもしれませんが、この時に飲む薬は継続的に飲むわけではありません。
風邪はしばらくすると改善するのでその時には飲むのを辞めます。
病院で風邪薬をもらうときも数日分ぐらいであり、なくなればそれ以降は飲む必要はありません。
それほど薬代の負担はないでしょう。
しかし病気によっては将来的にも通院をしながら薬を飲み続けなければいけないときもあります。
一回当たりの薬代はそれほど多くなくても、1年や数年、それ以上飲み続けるとかなりの負担になる可能性があります。
少しでも薬代を減らす方法としてジェネリック薬を選択する方法があるようです。
まずジェネリック薬への変更は必ずしも調剤薬局でできるわけではありません。
医師が変更不可としていなければ可能ですが、不可にしていれば医師に変更してもらうしかありません。
基本的な薬効などは先発薬と同じですが、完全に成分が同じわけではないためです。
まずは医師に相談して変更してもらうと良いでしょう。

Page Top