前へ
次へ

長期的な服薬治療時に薬代を減らす方法

病気の治療方法として通院と服薬があります。
入院に比べると通院は自宅に帰ることができますし日常生活も通常通り行いやすいです。
入院は手術や安静にしないといけないときなどに取られる治療方法で病気によって異なるものの短期で治療が終了するときもあります。
通院は病気によって一生行わないといけないときもあります。
服薬による治療をするときには通院の度に薬の処方などをしてもらうことになるでしょう。
となると薬代もそれなりにかかるようになります。
薬代を減らしたいときには医師に相談をして一度に処方してもらう薬の量を増やしてもらうと良いかも知れません。
14日分の薬を倍の28日分などにしてもらいます。
注意としてはたくさん薬をもらっても通院頻度は変わらない点でしょう。
通院によって症状の変化を確認したりその都度医師しか行えない治療をするときもあります。
4週間分もらっているからと2週間ごとの通院をしなくなると体調に影響するときもあるので、きちんと通院をする上での相談になるでしょう。

Page Top