前へ
次へ

ハイリスク薬に該当する薬を処方された時

医療機関で処方された薬は用法を守って服用します。
薬名やどんな症状を改善するのかなどを書いてくれているものもあるので、特に自分で薬の情報を調べない人もいるでしょう。
中にはもらった薬をインターネットで調べもっと詳しく内容を知ろうとする人もいます。
するとあまり聞きなれない情報が手に入るときもあります。
もし自分に処方されている薬がハイリスク薬に該当していたらどうするかです。
医師や薬剤師からは特にその言葉は聞かされていませんが、ハイリスクの言葉を普通に受け取れば非常にリスクがある薬のように感じます。
自分の体が非常に悪い状態なのか等変な憶測を立てたりするときもあるでしょう。
確かにハイリスク薬はある条件で大きなリスクを伴うことを意味します。
ただ患者の手元に渡った時点ではそれほどリスクがあるわけではありません。
ハイリスク薬は薬剤師が十分注意して調剤したり服薬指導をしなければいけない薬として指定されている薬で、患者が飲むとリスクがあることを意味するわけではありません。

Page Top