前へ
次へ

薬は多いと感じても飲まないといけないか

風邪を引いたときに飲む薬といえば市販薬を飲むだけでしょう。
大人であれば同じ錠剤を複数飲むときもあるでしょうがせいぜい数個程度でしょう。
しかし病気で医療機関にかかるようになるとたくさんの薬を処方されるときもあります。
1週間分なのに大きめの薬袋に入れられるときもあるかもしれません。
基本的には処方された薬は用法に従って飲むようにします。
薬が処方されるには意味があり無駄はありません。
ただあまりに多いために苦痛になっているときはそれを医師や薬剤師に伝えてみましょう。
薬を飲むのが苦痛になると飲まなくなる人もいるようで、医師などからするとそれを避けたいと考えてくれます。
薬には主な症状を改善するための薬、小さい症状を改善する薬、副作用を改善する薬などがあります。
また複数の病気があるときはそれぞれで薬が出されるときもあり多めになってしまうかもしれません。
同じ効果のある薬が重複されていないかをチェックしてもらい、軽い症状の改善を目的とする薬を一時的になくしてもらう等してもらいましょう。

Page Top