前へ
次へ

処方薬に話に聞いていない副作用がある

薬にはいろいろな目的があり、症状を緩和したり病原そのものに攻撃をするものもあります。
それぞれの薬が目的の作用のみしかしなければ問題ありませんが、通常はそれ以外の作用をしてしまうのが一般的でしょう。
その作用によって体調が悪くなるときは副作用と言われ、副作用を抑える薬が出されるときもあります。
それぞれの薬の副作用に関してはまず医療機関で医師から伝えられます。
さらに調剤薬局で薬剤師からも伝えられ、書面にして渡してくれる時もあります。
薬の中には長い名前のものもありますが、気になる人はもっと詳しく薬のことを知りたいとインターネットなどで調べることもあるでしょう。
処方された薬の情報を調べてみると、医師などから伝えられた副作用以外にもたくさんの副作用が書かれていることがあります。
副作用は必ず全ての人に出るわけではなく出方も異なります。
医師などが言ってくれるのは出やすくて気になりやすい副作用になり、あまりでない副作用は省略されるときもあります。

Page Top