前へ
次へ

今薬を飲んでいないがお薬手帳は必要か

医療機関を受診するときなどに持参すると良いとされるのがお薬手帳です。
その名の通り手帳タイプのものもありますし、最近はスマホで情報を管理できるアプリもあります。
スマホなら持ち歩いている人も多いので別途手帳を持つよりも忘れにくくなるかもしれません。
お薬をもらう都度きちんと記録しましょう。
持病などで長く薬を利用している人だとお薬手帳は非常に役立ちます。
医療機関で薬の処方をするとき、その人が普段飲んでいる薬が分かるのでそれに合った処方ができます。
今治療を受けていて薬を飲んでいるときは必要でしょうが、今薬を飲んでいないときはお薬手帳は不要ではないかと考えるでしょう。
薬を処方する側としてはお薬手帳があるといろいろな患者の情報が得られます。
今飲んでいなくても過去に飲んでいた薬が分かるとそれに準じた処方をすることができます。
薬を飲んでいないなら全く記入のないお薬手帳を持っておきましょう。
これにより持病を持っていないことが分かるので、治療の時に役立つようです。

Page Top