前へ
次へ

ジェネリック薬にすると薬代の負担は減るか

製薬メーカーのCMや医療機関、調剤薬局でジェネリック薬との言葉を聞くことがあるでしょう。
通常ある製薬メーカーが開発した薬はそのメーカーしか作れず、そのメーカーは薬価に膨大な開発費用なども含めています。
一定期間後に特許が切れると他のメーカーが作れるようになり、薬価に開発費用が含まれないので安くなるとされています。
どうしても薬代を減らしたいときにはジェネリック薬に変更することで可能になるかも知れません。
ただどれくらい安くなるかは薬によって異なります。
これまでの半分ぐらいの負担になるときもありますが、健康保険などを考慮した時にほんの少ししか負担が下がらないときもあるようです。
先発薬にもジェネリック薬にも薬価が決められていますが、その薬価に差がないとあまり差が出ません。
将来的に飲む期間が長くないなら変えなくてもいい時もあるでしょう。
数円から数十円でも長く使えば大きな差になるときもあるので、その時は変更してもらうと良いでしょう。

Page Top