前へ
次へ

背中に湿布薬を貼るにはどうすればいいか

薬の中には湿布薬があり、肌の上に貼ることで薬効を得ます。
ねん挫などであれば冷やしたり温めたりなどをするときもありますが、それ以外に薬の成分を肌から吸収させるために使う予期もあります。
飲むタイプだと消化と九州が必要になりますが、湿布なら直接肌から成分が吸収されピンポイントに効果が得やすくなります。
湿布薬は体に貼ってそこから成分を吸収していきますが、貼る場所が貼りやすければ問題ありません。
脚や手、その他体の全面であれば手が届くので、きちんと指定の場所に貼れるでしょう。
非常に困るのが背中など体の後ろ側になります。
体が柔らかくないと手が届きにくいところもあるでしょう。
背中など手が届かないところに湿布薬を貼るなら家族などに貼ってもらうようにしましょう。
家族などがいなくてどうしても自分で貼らないといけないなら工夫をするとよいでしょう。
棒などの先端につけてそれを背中などに張り付ける方法があります。
背中に湿布薬を貼るためのグッズを活用してみても良いでしょう。

赤羽 矯正歯科
認定医による治療をご提供させていただきます

口元に自信が持てるようになります
患者の要望に合わせて最適な矯正治療を提供する歯科医院です。

守山区 歯医者
口の中や歯のお悩みお気軽にご相談ください

光が丘 歯医者
快適な環境で確かな歯科治療をご提供します

佐野市 歯医者
お子様からお年寄りの方までお気軽にご来院いただけます

Page Top